修理を行なう

子供部屋

シングルレバー混合栓が主流になった

少し前までは、ツーハンドル式の混合水栓が一般的に使われていました。現在ではシングルレバー混合栓が主流です。今後は、シングルレバー混合栓以外は見かけることがなくなるとさえ言われています。 ツーハンドル式の混合水栓でもシングルレバー混合栓でも水漏れはします。ツーハンドル式の混合水栓は、水漏れしてもDIYで簡単に修理することが可能です。しかし、シングルレバー混合栓は、水漏れするとDIYで修理することは難しいと言われていました。ですから、業者に修理を依頼することが普通だったのです。 しかし、DIYブームによって、シングルレバー混合栓の水漏れをDIYで修理する人が増えました。今後は、自分で修理することが当たり前になるでしょう。

コマパッキンを取り替えるとき

シングルレバー混合栓が当たり前のように使われるようになりました。しかし、今でもツーハンドル式の混合水栓を使っている人もたくさんいます。 ツーハンドル式の混合栓が水漏れを起こす原因は、ほとんどがコマパッキンが劣化しているからでしょう。コマパッキンの取り替えは簡単です。 しかし、簡単と言っても、コマパッキンの取り替え時には注意しておきたいこともあります。ネジを外す作業が必要になってきますが、大きめのプラスドライバーを使うようにしましょう。小さいプラスドライバーを使うと、ネジ山をつぶしてしまう可能性が高いです。 また、コマパッキンを取り替えて、最後にナットを締めるときは、締めすぎないように注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加